スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイグレ幻術に囚われた日向ヒナタ ④

 * * *

「んんっ……!」
 足を開いたことで、ハイグレ水着がよりきつく食い込み、ヒナタは艶のこもった声をもらした。
「ふふ。驚いた? 残念だけど、あんたはもう自分の意思で身体を動かせないわよ。人間の心が残っているあんたより、ハイグレ人間の私の言うことの方を優先しちゃうから
ね。その水着を着ている限りは……」
「はぁ、はぁ……。そん、なっ……」
 ヒナタの顔が、あきらめの色に染まりかける。
「でも、身体の自由を取り戻すのは簡単よ? 心も私と同じように、ハイグレ人間に染めればいいのよ……」
 そう言って、サクラはあきらめかけるヒナタを誘惑する。
 しかし、ぎゅっと耐えるように目を瞑り、自分自身に言い聞かせる。
(あきらめちゃっ、ダメッ……! これは、きっと全部……幻術だから……。とにかく、自分の意志さえ、しっかり持ってさえいれば……! いつかは……)
 心を奮い立たせるヒナタ。
 だが……。
「ふぁっ!? あぁっ……!?」
 サクラが、ハイグレ越しの秘所を指でさすり始めた。
 ヒナタはたまらず、甲高い声をあげてしまう。
「うわ、もう、湿っちゃってるじゃない」
「あっ……、あっ……」
 サクラが言うように、ヒナタの股はすでにずいぶんと濡れていた。
 お股を隠すハイグレ水着のわずかな布部分も、液体をたっぷりと含み、ぐっしょりとなっている。
 ヒナタは恥ずかしさに押しつぶされそうになりながらも、心の中で必死につぶやく。
(げ、幻術……これは、幻術よ……)
 そう念じながら、ヒナタは前を見据えようとするが……。
 ……くちゅりっ、くちゅり!
「んうぅっ……!」
 股間から激しい水音が聞こえてくる。
 今度は水着の中に指を差し入れ、恥丘を刺激してくる。
 ポタ、ポタ、と快感の印が裸足の足元に垂れていく。
 ヒナタはたまらず、瞼を閉じた。

続きを読む »

ハイグレアイドル秋山澪 ~3話[堕落]~

「……ッ、……」
 トイレからなんとか脱出した澪は、特別棟近くに植えられている樹々の下で隠れるようにしゃがみ込み、息を整えていた。
 むき出しになっているお尻に雑草が刺すように触れているが、今はそんなことを気にしてられない。
 ――良かった、誰にも見つからなくて……。
 ここまで来るのに、随分な時間がむしゃらに外を走っていた気がする。
こんな、ハイレグ水着姿でだ。
 いくら授業中とはいえ、これだけ派手に動けば誰かの目に入ってしまうのではないかと心配していたが、幸いにもそんな気配はなかった。
 本当に、運が良かったと思う。
 ある程度落ち着くと、澪は肩に手を置き、水着を引っ張ってみる。
 が、やはり何故か脱ぐことができない。
 澪は頭を抱えた。
 今日は一体、なんなんだ? もう、わけがわからない……。
 今朝のおかしな夢から始まった一連の出来事を考え、途方に暮れる。
 今日の自分は、どこかおかしいというのは認めていたが、まさか曽我部会長までおかしくなってるなんて……。
(……会長。これからどんな顔して顔を合わせれば、いいんだろう)
 また、ハイグレだの魔王がどうだのと言ってくるのだろうか?
 会長が先ほど話した一連の内容。
 澪は当然、信じるつもりはなかった……というか、信じたくない。
 会長は少し気がふれてしまった、ということで自己解決したかった。
 だが、それならばなぜ、会長は今朝自分が見た夢のことを知っていたのだろう?
 よりにもよって、あんな……がに股になって変テコなポーズをしていた恥ずかしい夢のことを……。 
 澪は思い出し、思わず耳まで真っ赤になる。
 そして、この水着だ。
 なぜ、脱げないのだろう。
 そもそも、なぜ自分は抵抗もなく着てしまったんだろう。
 説明がつけられないことばかりだった。
(まさか、会長が言ってたことは……ほ、本当に……? でも、そんな……魔王がどうのなんて、非現実的な……映画やアニメじゃあるまいし……けれど、だったら……)
 考えても考えても、答えが出ることはなかった。
 いっそ、まだ夢から覚めていないということだったら、どんなに楽だろうか。
 澪は、不安に駆られる。
 会長のわけのわからない言動による不安……だけではなく、次、また同じようなことをされたとき、あのなんともいえない快感に抵抗できるだろうかという不安だった。
 もしあのままずっと会長にされるがままだったら、どうなっていたのだろう……? 
 まさか、本当に……ハイグレ、人間なんてものに……。
 澪は思わず身震いした。
 とにかく、いつまでもこんな格好でいるのはまずい。
 この水着の上からでも服を着なければ、と持ってきた制服に手を掛ける。
 だが、
「…………」
 澪は制服を眺めるだけで、一向に着ようとはしなかった。
 やがて視線を真下に下ろし、自身の汚れた足の爪が目に付いた。
「やだっ、足ドロドロ……」
 そう言って足を上げて、裸足の足裏を見る。砂や土、芝生の草などがはりつき、泥だらけになってしまっていた。
(汚い……洗わなきゃ。とりあえず……校舎の中に入ろう……制服も中で着ればいいや……)
 澪はなぜかそのような考えに至り、迷うことなく行動を開始した。
 制服を持って、澪は立ち上がる。
 すると、制服のポケットから白い紙切れがハラリと落ちた。
 あれ、紙なんか入れてたっけ? と澪は不思議そうにそれを拾いあげる。
 と――。

続きを読む »

ハイグレ幻術に囚われた日向ヒナタ ③

 * * *
 
 ヒナタは「うっ……」と、思わず後ずさってしまう。
 あきらかにおかしなサクラの立ち振る舞いや言動、そして、格好。
 よく見れば、輝きを失った虚ろな瞳。
 それに加えて、先ほどの破廉恥極まりない変態的な行動。
 自分の知っている春野サクラとは、雰囲気があまりにも違いすぎて、ヒナタは警戒せずにはいられなかった。
「サ、サクラさん……だよね?」
 確かめるように、ヒナタはそう問いかけてみる。
「なに言ってんのよ、ヒナタ。当然でしょ?」
 いつもの調子で、サクラはそう答えた。
 その答えに「そ、そうだよね!」と、ヒナタは幾分かほっとする。
 しかし、サクラは「でも……」と付け加え、
「ヒナタの知ってる、木の葉の忍である春野サクラとは、ちょっと違うわね。今のわたしは――」
 そう言うなり、サクラはヒナタの眼前でふたたびビシッと足を開いて、がに股になり、
「ハイグレ! ハイグレ! わたしは、ハイグレ忍者にして魔王様の忠実なシモベ! ハイグレ人間、春野サクラよっ! ハイグレ! ハイグレ!!」
 そう宣言し、サクラは大事な箇所を見せびらかすように股間を突き出し、股のVラインをなぞるよう腕を交差させ始めた。
 先ほど、仮面が消える際に行っていた、あの破廉恥なポーズだ。
「ひっ、ひいぃっっ……!?」
 ヒナタはびっくりして、らしくない情けない悲鳴をあげてしまう。

続きを読む »

プロフィール

正太郎

Author:正太郎
正太郎と申します
悪堕ちや洗脳、ハイグレや百合を扱ったエロ絵やSSを主体としております。
18禁でもなるべくソフトな路線を目指しておりますが、それでも苦手な方はご注意下さいませ。

※ 相互リンク受付中であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場数
ハイグレイラスト一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
製作中イラスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。