スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイグレ幻術に囚われた日向ヒナタ ②

* * *


「ん、んんっ……」
 ヒナタはふわふわとした夢心地の状態で、うっすらと意識を取り戻す。
 なんだか、ひどく暑苦しかった。
 目蓋を薄く、開けてみる。
 が、視界に飛び込んできたのは、瞳を閉じていたときと変わらないまっくらな暗闇だった。
 ヒナタはハッと、意識をはっきりさせた。
 慌てて顔に手をやってみる。
 まだ、顔に仮面が……!? と思ったのだが、指先がとらえたのは肌の柔らかな感触だった。
 ヒナタは、むくりと起き上がる。
(仮面は……つけてない。でも、これは……?)
 眼はしっかり開けてるはずなのに、視界は変わらず薄暗いままだ。
 ヒナタは立ち上がろうとする。
 と、足の裏から、チクッとするどい刺激が走った。
(痛っ……!)
 びっくりして、ヒナタはお尻を再び地面につけてしまう。
(靴、履いてない……?)
 あぐらを掻きながら、ヒナタは自分の足の裏を見た。
 うっすらとではあるが、足の裏の皮膚に、いくつもの小石がくっついているのが見えた。
 小石を払い、ヒナタは前後に適当に手を伸ばしてみる。
 すると、背後にはごつごつとした何かがあった。
 岩……? それとも、壁だろうか?
 遠くからぴちゃぴちゃと水音のようなものも聞こえる。
 それに小石だらけのこの地面……もしかしたら、ここは洞窟なのかもしれない。
 そう予測したところで、ヒナタはふと不安に駆られる。
 意識を失う寸前、自分は確かに、幻術のような力をかけられようとしていた。
 必死に打ち消そうとしたが、結局、力の弱まりを感じることなく、意識がなくなってしまった。
 このことから考えてみても……。
(ど、どうしよう……。私、幻術をかけられちゃったのかも……)
 ヒナタの全身に緊張が走る。
 一体なにが起こるのか……。
 もちろん、運よく誰かが居合わせて自分の幻術を解き、ここまで運んできてくれたという可能性もないことはないが……それは、あまりにも希望的すぎる。
(と、とにかく……)
 ヒナタは白眼による透視能力を発動させて、辺りを探ってみようとする。
 だが、ヒナタが手で印を組むよりも前に――。
 ボッ、ボッ、ボッ……!!
「…………!?」
 突然、炎がぽつぽつと灯され、周囲を明るくしていく。
 どうやら、蝋燭があちこちに設置されていて、それらに火が灯されていったようだ。

続きを読む »

更新再開! ご迷惑おかけしました!

 3ヵ月以上更新停滞してしまい申し訳ありませんでした!
 リクなど放置状態で長い休みに入ってしまい、本当にご迷惑おかけしました。
 若干リアルが忙しい状態だったので、更新する暇がなかったのですが、だいぶ落ち着きました。
 今後再びコンスタントに更新、積極的に活動していきたいと思ってますので、よろしければまたお付き合いお願いいたします。

 それでは、再開一回目のイラストはSSの挿絵のつもりで描いた椎名心実二枚です。
 SSと一緒に楽しんで頂ければ嬉しいです([椎名心実編3、ハイグレ人間化完了]の方にも掲載しておきます)

DSC_0068c.jpg差分    DSC_0102.jpg

 
プロフィール

正太郎

Author:正太郎
正太郎と申します
悪堕ちや洗脳、ハイグレや百合を扱ったエロ絵やSSを主体としております。
18禁でもなるべくソフトな路線を目指しておりますが、それでも苦手な方はご注意下さいませ。

※ 相互リンク受付中であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場数
ハイグレイラスト一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
製作中イラスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。